Avances tecnologicos : Patineta voladora 5jul2015

Click here for the CNET review – Sample video shot with the Blade Chroma 4K quadcopter. Watch more at videos at .
4K video capture from the Blade Chroma 4K for our guide to The Best Drone. Read our full guide here:
Read our full review here :
Chroma Camera Drone Review Today we review the incredible Chroma 4K Camera Drone. This quadcopter has incredible stability .

A great idea was unveiled in Slovakia the Aeromobil flying car is something that will inspire the automotive industry. About AeroMobil. Beautiful flying car.

Engineers in Slovakia have unveiled their Aeromobil concept, a car which can transform in seconds into a plane, fly to its destination then transform back into a .
An advanced prototype of the flying roadster AeroMobil 3.0 was unveiled in Vienna during the Pioneers Festival that celebrates entrepreneurship, technology .
An incredible flying car has been developed to let drivers skip traffic jams and take to the skies. The vehicle can be driven on normal roads as well as being .

Avances tecnologicos Robot con emociones. (5jul2015)

SEAT unveils its first all electric car static views videos Switzerland in an amazing feat of aeronautical engineering developed a long range environmentally friendly solar powered aircraft. Solar Impulse is a Swiss .\r
\r
Switzerland in an amazing feat of aeronautical engineering developed a long range environmentally friendly solar powered aircraft. Solar Impulse is a Swiss .\r
\r
GREEN ENERGY Aircraft takes off in historic around the world flight Switzerland in an amazing feat of aeronautical engineering developed a long range .\r
\r
Switzerland in an amazing feat of aeronautical engineering developed a long range environmentally friendly solar powered aircraft. Solar Impulse is a Swiss .

Subscribe to the audio podcast in iTunes – Thinner isnt always better.unless youre Apple. A new Apple TV is already just around the .
We provide the latest tech news, unbiased reviews, videos, podcasts, software downloads, and How-Tos, making tech products easy to find, understand and .

-全編-|探査機「はやぶさ(初号)」の軌跡|舞 HaYABUSA ~Falcon of phoenix ~|全編13′:15″


小惑星探査機 はやぶさ
(MUSES-C)
Hayabusa hover.jpg
はやぶさの着陸想像図
所属 宇宙科学研究所 (ISAS)
現 宇宙航空研究開発機構 (JAXA)
主製造業者 NEC東芝スペースシステム
公式ページ 小惑星探査機「はやぶさ」MUSES-C
国際標識番号 2003-019A
カタログ番号 27809
状態 運用終了
目的 イオンエンジンの実証試験・
小惑星の探査・
サンプルリターン
観測対象 小惑星イトカワ
(25143 Itokawa)
計画の期間 約4年間(当初)
7年間に延長
打上げ場所 内之浦宇宙空間観測所
打上げ機 M-Vロケット 5号機
打上げ日時 2003年5月9日
13時29分25秒
ランデブー日 2005年9月12日
軟着陸日 2005年11月20日・26日
運用終了日 2010年6月13日
物理的特長
本体寸法 約1 m × 約1.6 m × 約2 m
最大寸法 5.7 m
(太陽電池パドル翼端間)
質量 約510 kg(打ち上げ時)
発生電力 2.6 kW
(太陽から1.0AUにおいて)
主な推進器 イオンエンジンμ10
(8 mN / 3,400秒) × 4
姿勢制御方式 3軸姿勢制御
主な搭載装置
AMICA 可視分光撮像カメラ
ONC-T 望遠光学航法カメラ
ONC-W 広角光学航法カメラ
LIDAR レーザ高度計
NIRS 近赤外線分光器
XRS 蛍光X線スペクトロメータ
ターゲット
マーカ × 3 小惑星タッチダウン用の人工目標物
うち1個は88万人分の名前入り
サンプラー
ホーン サンプルリターンサンプラー
再突入
カプセル サンプル格納用耐熱容器

はやぶさ(第20号科学衛星MUSES-C)は、2003年5月9日13時29分25秒(日本標準時、以下同様)に宇宙科学研究所(ISAS)が打ち上げた小惑星探査機で、ひてん、はるかに続くMUSESシリーズ3番目の工学実験機である。
イオンエンジンの実証試験を行いながら2005年夏にアポロ群の小惑星 (25143) イトカワに到達し、その表面を詳しく観測して[注釈 1]サンプル採集を試みた後、2010年6月13日22時51分、60億 kmの旅を終え、地球に大気圏再突入した[3]。地球重力圏外にある天体の固体表面に着陸してのサンプルリターンに、世界で初めて成功した。

出典[編集]
^ 川口淳一郎 (2006年5月31日). “「はやぶさ」プロジェクトが、Space Pioneer Award を受賞”. ISAS/JAXA. 2014年1月13日閲覧。
^ “Space Pioneer Award を受賞”. sorae.jp. (2006年6月2日) 2014年1月13日閲覧。
^ a b c “「はやぶさ」大気圏突入/カプセルも発見”. ISAS/JAXA (2010年6月14日). 2010年6月15日閲覧。
^ a b “「はやぶさ」カプセル回収作業完了! 熱シールドも発見!”. ISAS/JAXA (2010年6月14日). 2010年6月14日閲覧。
^ a b “はやぶさカプセル内の微粒子の起源の判明について” (プレスリリース), 宇宙航空研究開発機構, (2010年11月16日) 2010年11月16日閲覧。
^ a b c d e 山田哲哉 & 安部隆士 2006, p. 368.
^ a b “「はやぶさ」止まらぬ人気、「故郷」ツアー大盛況”. 読売新聞. (2010年7月10日). オリジナルの2010年7月12日時点によるアーカイブ。 2010年7月21日閲覧。
^ a b “「はやぶさ」の近況と「はやぶさ-2」にむけて”. ISAS/JAXA. 2010年6月16日閲覧。
^ a b “はやぶさ、次は安心の旅に 14年に後継機打ち上げ”. 朝日新聞. (2011年5月12日). オリジナルの2011年9月2日時点によるアーカイブ。 2011年5月12日閲覧。
^ a b JAXA PR (2013年1月30日). “JAXA OPEN API PROJECT”. Google+. 2013年2月2日閲覧。
^ a b “「はやぶさ」がAPIに アプリ開発、大学生が挑戦へ”. ITmedia ニュース. (2013年1月31日) 2013年2月2日閲覧。
^ a b c d e f 川口淳一郎 2010a.
^ “はやぶさ”. 日本の宇宙開発の歴史 [宇宙研物語]. ISAS/JAXA. 2011年1月8日閲覧。
^ 「お知らせ (PDF) 」 、『ISASニュース』第51号、宇宙科学研究所、1985年6月、 4頁、 ISSN 0285-2861、2009年12月16日閲覧。
^ “ミッションカレンダー”. JAXA小惑星探査機「はやぶさ」物語. JAXA. 2009年12月16日閲覧。
^ 川口淳一郎. “小惑星探査機「はやぶさ」の研究計画について”. はやぶさ特集. ISAS/JAXA. 2003年10月9日閲覧。
^ 松浦晋也 2005, p. 61.
^ 川口淳一郎「星の王子様とデート – 小惑星ランデブ探査計画 (PDF) 」 、『ISASニュース』第118号、宇宙科学研究所、1991年1月、 20-22頁、 ISSN 0285-2861。
^ 上杉邦憲「彗星サンプルリターン – SOCCER計画 (PDF) 」 、『ISASニュース』第118号、宇宙科学研究所、1991年1月、 18-20頁、 ISSN 0285-2861。
^ “1.4 History of the Investigation, Comet Coma Sample Return Plus Interstellar Dust, Science and Technical Approach”. STARDUST: SCIENCE IN-DEPTH. JPL/NASA (1994年10月21日). 2010年8月4日閲覧。
^ “小惑星「イトカワ」表面の地形名称に関する国際天文学連合(IAU)正式承認について” (プレスリリース), 宇宙航空研究開発機構, (2009年3月3日) 2011年1月8日閲覧。
^ 村上陽一郎; 西澤潤一; 杉山滋郎. “糸川英夫”. 日本の科学者・技術者100人. 岩手県二戸市田中舘愛橘記念科学館. 2011年1月8日閲覧。
^ 糸川英夫(出演)、文藝春秋(制作著作) (1991年). 私と戦闘機「隼」 太平洋戦争の陸軍戦闘機を検証する. 文藝春秋.. 全国書誌番号:21425690
^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al am an ao ap aq ar as at au 川口淳一郎 2011.
^ http://www.jaxa.jp/pr/mail/archiv_j/0042.txt
^ 國中均 2004.
^ a b 小惑星探査機はやぶさ搭載用レーザ高度計:機器開発とその実運用結果報告 日本航空宇宙学会論文集 Vol.54 (2006) No.634 P514-521
^ 山本幸生; 岡田達明; 白井慶; 加藤学 (2002年5月31日). “MUSES-C搭載用蛍光X線分光計におけるX線CCDの機上解析 (PDF)”. 地球惑星科学関連学会2002年合同大会予稿集. 日本地球惑星科学連合. 2012年12月19日閲覧。
^ 斉藤宏文、福田盛介「小型高機能科学衛星INDEXの開発 (PDF) 」 、『ISASニュース』第281号、ISAS/JAXA、2004年8月、 2頁、 ISSN 0285-2861、2012年12月19日閲覧。“表2 INDEXに搭載される先進衛星機器(中略)機器:SH-3プロセッサ 特徴/性能:60MHz三重多数決プロセッサ 適用ミッション:INDEX,はやぶさ,SELENE”
^ 『クローズアップ現代』2006年11月30日放送分
^ a b “「はやぶさ」試料回収カプセルの再突入結果について(速報)” (プレスリリース), 宇宙航空研究開発機構, (2010年6月16日) 2010年6月16日閲覧。
^ “はやぶさ帰還…小惑星の砂、期待”. 読売新聞. (2010年6月14日). オリジナルの2010年6月17日時点によるアーカイブ。 2010年6月26日閲覧。
^ a b “Hyperseed MAC: Hayabusa SRC Entry Observing Campaign”. NASA Ames Research Center. 2010年6月17日閲覧。
^ 山田哲哉 & 安部隆士 2006.
^ 吉光徹雄、久保田孝「研究紹介 新しきチャレンジ 世界初の小惑星探査ローバ“MINERVA”」、『ISASニュース』第267号、宇宙科学研究所、2003年6月、 ISSN 0285-2861、2008年10月30日閲覧。
^ “ねとらぼ:「ゆっくり寝てね……」 イカロス君、分離カメラ「DCAM2君」とお別れ”. ITmedia ニュース. (2010年6月16日) 2010年6月18日閲覧。
^ Jet Propulsion Laboratory (2000年11月3日). “NASA Cancels Miniature Rover for Joint Japan-U.S. Asteroid Mission”. NASA. 2008年10月30日閲覧。
^ Peters, Stephen (1999年2月22日). “NASA’s Science Rover for MUSES-C (PDF)”. JPL/NASA. 2008年10月30日閲覧。
^ Peters, Stephen (1999). “研究紹介 The NASA Rover for MUSES-C”. ISASニュース (宇宙科学研究所) (219). Retrieved 2009-03-23. Unknown parameter |month= ignored (|date= suggested) (help)
^ “M-V-5号機の打ち上げについて” (プレスリリース), 宇宙科学研究所, (2003年5月9日) 2010年8月4日閲覧。
^ 國中均 2006.
^ 矢野創. “サンプル採取の成功を信じて”. はやぶさ、地球への旅に出発 ~最後のチャレンジを達成するために~. JAXA. 2010年8月4日閲覧。
^ “「はやぶさ」にプログラムミス 後継開発に教訓反映へ”. 共同通信. (2010年11月29日) 2011年4月24日閲覧。
^ 「動かないコンピュータ 宇宙航空研究開発機構(JAXA) 「はやぶさ」成功の舞台裏 弾丸不発の原因は人為ミス」、『日経コンピュ-タ』第774号、日経BP社、2011年1月20日、 90-92頁、 ISSN 02854619、 NAID 40017434094。
^ “「はやぶさ」の第1回着陸飛行の結果と今後の計画について”. ISAS/JAXA (2005年11月23日). 2005年12月17日閲覧。
^ “「はやぶさ」の第2回着陸飛行の結果と今後の計画について”. ISAS/JAXA (2005年11月29日). 2010年8月8日閲覧。
^ “「はやぶさ」の着陸成功とサンプル採取の実施について”. ISAS/JAXA (2005年12月1日). 2005年12月17日閲覧。
^ “「はやぶさ」探査機の状況について”. ISAS/JAXA (2005年12月7日). 2005年12月17日閲覧。

iOS 7.1.1 Untethered Jailbreak iPhone iPad iPod Apple Tv Released by Evasion
Go To Site here http://www.evasionjailbreak.info/

iOS 7.1.1 Compaitability:

iPad Mini / Air
Apple TV
iPhone 5 5s 5c
iPhone 4S 4
iPhone 4GSM Model
iPod Touch 3rd generation
iPod Touch 4th generation
iPad 4
iPad 2
iPad 3

1- Download the evasi0n tool for ios 7.1.1
2- Open the evasi0n jailbreak 7.1.1 tool
3- All You Need to Connect your iDevice to our pc/laptop windows or mac
4- Make sure your iTunes is closed before proceeding.
5- Hit the jailbreak button and wait a few minutes.
6- After iDevices is turned up you can check cydia is working.

iOS 7.1.1 Untethered Jailbreak iPhone iPad iPod Apple Tv Released by Evasion
Go To Site here http://www.evasionjailbreak.info/

iOS 7.1.1 Compaitability:

iPad Mini / Air
Apple TV
iPhone 5 5s 5c
iPhone 4S 4
iPhone 4GSM Model
iPod Touch 3rd generation
iPod Touch 4th generation
iPad 4
iPad 2
iPad 3

1- Download the evasi0n tool for ios 7.1.1
2- Open the evasi0n jailbreak 7.1.1 tool
3- All You Need to Connect your iDevice to our pc/laptop windows or mac
4- Make sure your iTunes is closed before proceeding.
5- Hit the jailbreak button and wait a few minutes.
6- After iDevices is turned up you can check cydia is working.

Blue Origin’s New Shepard space vehicle successfully flew to space, reaching its planned test altitude of 329,839 feet (100.5 kilometers) before executing a historic landing back at the launch site in West Texas.